月別アーカイブ: 2014年5月

日本料理店『和創Ichi』様ご紹介

こんにちは、パシ・コムです。

パシ・コムでは麻布十番を中心に、数多くの自社管理物件をはじめとする賃貸物件を豊富に取り扱い、お客様にご紹介させていただいております。

「麻布十番生活ブログ」リニューアル第二弾の記事となる今回は、自社管理物件「ヴェスタビル」B1Fに入居されている『和創Ichi(わそう・いち)』様をご紹介いたします。

2013年11月にオープンした和創Ichiは、博多をメインとする九州の郷土料理や美味しいお酒を楽しめるこだわりの和食処です。
福岡で朝一に水揚げされたばかりの魚を毎日直送しているので、その日のうちに新鮮な海の幸を味わうことができます。

店主の森本聖一さんは、修業時代を過ごされた博多の郷土料理に、九州各地や故郷である山口の味わいも織り込み、多彩な和食を作り続けていらっしゃいます。

和創Ichi様_鶏料理

山口長州黒かしわもも肉炭火焼

和創Ichiの店名の由来は、森本さんのお名前から名付けられたもの。世界中のあらゆる料理が楽しめる美食の街東京で、これからの新しい時代の和食を創っていきたいという思いが込められています。

店主の森本さんに、お話を伺いました。

■和創Ichiのオススメ料理やお酒を教えてください。
一番のオススメは、博多の郷土料理の中でも定番となっている「胡麻鯖」ですね。当店では、新鮮な鯖の刺身に胡麻や葱などの薬味をかけて、自家製の胡麻醤油で和えています。福岡では家庭の味として昔から愛されているなじみ深い料理なんですよ。
せっかく東京の地で九州博多の郷土料理を味わっていただくからこそ、吟味したこだわりの食材を使用しています。

和創Ichi様_ごまさば箸

こだわりの自家製「胡麻鯖」

九州は焼酎文化というイメージが強いかと思いますが、当店でも大分・長崎の麦、熊本の米、宮崎・鹿児島の芋といった、さまざまな焼酎を取り揃えています。福岡は芋焼酎の水割りを「芋水」といって、毎日の晩酌で気軽に楽しむのですが、実は日本酒も美味しい土地柄なんですよ。

その他にも、故郷山口には、獺祭や萩の東洋美人など、日本酒好きにはたまらない銘柄がたくさんあります。日本各地の美味しいお酒をピックアップして、お料理とあわせて楽しんでいただければと思います。

■麻布でお店をオープンされたきっかけを教えてください。
お店をオープンするにあたり、さまざまな物件をチェックしていました。パシ・コムさんが公開されていた店内の図面を見たとき、自分が思い描いていたイメージにあうと感じたんです。

ゆっくりと食事を味わえる店内

ゆっくりと食事を味わえる店内

元々は鉄板焼きのお店さんが入られていたそうですが、内見をした際にすごくインスピレーションがわきました。
鉄板を外して立ち上げで個室を作り、カウンター席からも炭で焼き上げる様子を見ていただけるようにするなど、店内の内装にはこだわっています。

■麻布の街の印象を教えてください。
博多での修行時代の後、上京して銀座で働いていたのですが、それまで麻布の街をよく知る機会がありませんでした。
実際に麻布十番でお店を開くことを決めてから、この街の魅力に気がつきましたね。街の中を歩いていろいろなお店を見たり、麻布の歴史を感じたりしたときに、シンプルに好きだと思いました。麻布に自分のお店を出せて本当に良かったと感じています。
地元の方に愛されるお店になれるよう、これからもずっとこの街でがんばっていきたいですね。

■管理会社パシ・コムに一言お願いします。
内見のときから担当者の方とお話をする機会が増えたのですが、プロフェッショナルなきちんとした対応をしていただき、印象がとても良かったです。

森本さん、ありがとうございました!

和創Ichiでは、ランチメニューも充実。
週替わりの限定メニューも楽しめるので、ぜひお気軽に九州の郷土料理を味わってみてくださいね!


和創Ichi
東京都港区麻布十番1-5-8ヴェスタビルB1F
TEL:03-6432-9973 FAX:03-6432-9974
【営業時間】
11:30~14:30
17:00~24:00(23:00 L.O.)
【定休日】不定休
http://www.wasou-ichi.com/

麻布と共に50年。不動産の賃貸・売買・管理なら株式会社パシ・コムへ。
株式会社パシ・コム
http://www.pacicom.co.jp/