月別アーカイブ: 2011年5月

トレス建築事務所

こんにちは
麻布十番生活です

さわやかな季節になりましたね。

東京も活気を取り戻してきました。

東京タワーのライトアップも
時間短縮ながら復活。
週末には哀悼の光『ダイヤモンドヴェール』が点灯されています。

今回登場していただく“トレス建築事務所”さんは
その東京タワーを臨む眺めの良いビルに
オフィスを構えていらっしゃいます。

今回の麻布十番生活ブログは
麻布十番で働く女性をテーマに
“トレス建築事務所”一級建築士の清水尚子さんにお話を伺いました。

6年前に自由が丘から嫁いで来られた尚子さんは
7年前に代々木上原から麻布十番に
移られてきたご主人清水禎さんとご夫婦で
トレス建築事務所を運営していらっしゃいます。

現在、幼稚園に入園したばかりのご子息がいらっしゃる
ワーキングマザー。


 お仕事は集合住宅や
 個人宅という住宅系の依頼が多く、
 新築はもちろんのこと
 リフォームの依頼も多いそうです。

 昨年の2月から『家づくりの講座』をスタート。
 
 土地の地盤の話から基礎や間取り、
 マンション購入時のポイントなどから
 水回りや家具選びなど
 ありとあらゆる家に関する
 様々なアドバイスをする
 マンツーマンの講座だそうです。




●一級建築士を目指した
 
きっかけは?

「10歳の頃、
不動産会社に勤めていた父が
いつも持っていた図面を見るのが
おもしろくて仕方なかったんです。
それを見ながら
真似をして図面を書いていました。
階段はこうやって書くんだ、とか
扉はこんな風に、とか」

10歳で!?すごいですね!!

「なんだか自然とそっちの方に進んで
・・・その後も独学で学びました。
壁にぶつかることもあったけど
この道しかない!と強く思いました」


 ●子育てとの両立はたいへんですね?

 「今日もこのあと幼稚園のお迎えです(笑)。
 この仕事、女性は出産を機に
 辞める人も多いんです。
 法規などがどんどん変わっていくので
 ブランクがあいてしまうと戻るのが大変で・・・。
 私は母や周囲の協力を得て
 出産後すぐに復帰して
 なんとか頑張っています。」

 本当にこのお仕事が大好きで
 生き生きとしていらっしゃるご様子です。


お住まいも麻布十番の尚子さん。

●麻布十番の魅力は?


「神奈川や名古屋からもお客様が
 いらっしゃるんですが、
 麻布十番は皆さんが来たくなる場所。
 お休みの日に行ってみたいな~
 と思える場所なんだそうですよ。

 なんといっても交通の便がいいし、
 住んでみると、都心なんだけど
 ヒューマンスケールがあり
 こじんまりとしたところが温かい。

 商店街や公園があって
 地元の人達が
 根付いている感じも良いですね。
 下町っぽいのにすぐそばには
 六本木ヒルズがあったりして
 都会と下町が混在している、
 そんな面白い街、他に無いですよね。

 なんとなく居心地が良くて
 リラックスできる、
 そんな空気感も好き。
 これからもずーっとこの街で
 子育てしていきたいんです」



 尚子さんは
 “ライフオーガナイザー”の資格もお持ちです。

 
 モノに溢れた生活と空間をなんとかしたい。
 単なる部屋の片付けや整理整頓だけではなく、
 根本的に暮らしそのものを見直したい、
 そんな悩みや問題を解決に導くのが
 “ライフオーガナイザー”の仕事。

 「どう暮らすかが問題で
 どう生きたいかが大事なんです。
 ようするに心地よく生きること、です」

 うーん、それそれ。
 是非今度相談にのっていただきたいです(笑)。

ライフオーガナイズ(主婦と生活社)

数人のライフオーガナイザーさんによる共著。
尚子さんもその中に名を連ねています。
素敵なご自宅も掲載されています。
是非書店で手にとってみて下さい~。

 


最後に尚子さんお気に入りの麻布十番のお店を教えていただきました。

お蕎麦は “麻布永坂更科本店” 
中華は “登龍” 
お魚は “魚可津” 
カフェは “イートモアグリーンズ” 
パンは “ポアンタージュ”  と “モンタボー” 
スイーツは 最近オープンした“nicoドーナッツ” 
野菜はブーケレタスがお気に入り “八百千代” 
椎茸が美味しい “原商店” 

尚子さんのライフスタイルが光る素敵なお店がぞろり。。。

とても透明感あふれる
素敵な尚子さん。

今度、家のことや片づけのことだけでなく、
プライベートなこともお話ししたいなぁ・・・。



トレス建築事務所
http://www.tres-architects.com/
〒106-0045 東京都港区麻布十番4-3-1-1090
TEL:03-5443-6140 FAX:03-5443-6180