月別アーカイブ: 2010年12月

麻布十番 紀文堂


インタビュー第二弾は、
手焼きにこだわった、
おいしい人形焼・ワッフル・おせんべいで有名な
“麻布十番 紀文堂”
4代目 須崎雅紀さんの奥様、
須崎香織さん。
笑顔の素敵なとっても可愛らしい方です♪

  店先になんとも言えない
  甘く香ばしい香りを漂わせた
 “麻布十番 紀文堂”は、
 
  創業明治23年、
  今年でなんと創業100年になる
  麻布十番の老舗店。
 
  そんな歴史ある店にもかかわらず
  みなさん気さくな方々で
  とっても入りやすい、
  下町情緒溢れるお店です。






  お店奥では
  三代目のご店主である須崎正巳さんと
  四代目の雅紀さんがご一緒になって
  焼いている光景も眺められ、
  とっても良い雰囲気!



 定番の七福神をかたどった
 人形焼は、
 衣がふっくらしていて、
 十勝産小豆をつかった
 こだわりのあんこと
 絶妙にマッチしていて
 とっても美味。
 また、ワッフルも人気商品!
 ワッフルの中身は
 カスタードとあんずジャム、
 期間限定で
 チョコ・マロン・抹茶などが
 ありますが、
 その中でも私のお薦めは、
 濃厚だけど上品なカスタード♪
 できたての温かいものを頂くと、
 とっても幸せな気分になります!

定番の七福神人形焼




 



  香織さんに、
  麻布十番の好きなところを
  お聞きしたところ、
  古い歴史のあるお店と
  新しいお店の
  両方が楽しめるところ。
  また和食・中華・洋食と
  いろいろな国のお料理が味わえ
 
  どのお店も美味しいところ
  とおっしゃられてました。



  麻布十番お薦めのお店は
  韓国料理の“鳳仙花”さん
 
  辛いだけではなく
  良いお味、とのことでした。
  今度、是非行ってみようと
  思っています!



インタビューの間も笑顔の絶えない、
素敵な香織さんのいらっしゃる“麻布十番 紀文堂”。
麻布十番にお越しの際は、
ぜひ、みなさまもお立ち寄り下さい!


最後に、耳寄り情報!!


毎週日曜日午後4時から、
限定商品、秋の野菜の形をした
餡なし人形焼の
“秋の山”(一袋150グラム、578円)が販売されています。
大人気で、予約だけで完売してしまうこともあるそうです!
餡なし人形焼っておいしいんですよねぇ♪
今度買いに行ってきます!





麻布十番 紀文堂
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-4-9
03-3451-8918
火曜日定休
9:30-17:00
**********************************************************
…と言った訳で
どうしても食べたくて
買いに行ってきました。

 餡なし人形焼き
 “秋の山”
 栗の形がかわいい♪
 素朴な味でいくつでも
 入っちゃいます!



 
 こちらも一緒にいただきました。
 “BLUE MAN 卵せんべい”と
 “杏子ジャムワッフル”
 どちらもやさしいお味。。。
 お土産にも喜ばれそうです。
 
 麻布十番は
 “BLUE MANを応援しています。



メンズショップ ローリエヤマモト 続編

“メンズショップローリエヤマモト”の店主
山本仁壽(きみとし)さんへのインタビュー。
前回伺った
『赤い靴の“きみちゃん”の真実』・・・
正直、びっくり。
知りませんでした。

               山本さん手作り“きみちゃん絵はがき”。売上はユニセフに寄付されます。

今回も麻布十番で長年暮らしていても、
気づかなかったこと、見過ごしていたことを
山本さんに教えていただきました。

微笑のモニュメント

「麻布十番といえば、なにを思い浮かべますか」
と山本さんに質問したところ
「微笑のモニュメントがあるのは知ってますか?」
とのお答え。
・・・そういわれてみれば、
商店街などでみかけるものの
気にかけることもなく通り過ぎていましたが
麻布十番には
「人の住む街、麻布十番」「微笑の街、麻布十番」をめざし
大使館の協力を得て
“ほほえみ”をテーマに、アメリカ、フランス、ドイツ、韓国など12ヶ国のアーティストによるモニュメント”がちりばめられています。
こちらは『カップル』
オーストリア、ヨーゼフ・アダム・モーザー氏の作品。
   
   こちらはフィンランドのマルクス・コッペル氏の
   『ラック・ドンク(幸運の鐘)』
   「ちゃんと、鐘がなるんですよ」と山本さんに教えてい
   ただいたので、帰りがけ、試しに揺らしてみたら      
   ホント、カランカランと、なんとも味わい深い響き。
   山本さんにお話しを伺わなかったら、
   きっと気づくことも無かったでしょう。
   皆さんも通りかかったら鳴らしてみてくださいね。
   場所は麻布十番商店街
   『魚可津』さんの前です。
   この他、親子の愛をテーマにしたものも3作品あり
   (山本さんHP参照)
   温かい気持ちになり、おもわず微笑をうかべてしま
   います。。。
お天気の良い日は、12のモニュメントを巡るお散歩、というのも
良いかもかもしれませんね。
麻布十番の街路樹

散歩、といえば
麻布十番には様々な街路樹があるのはご存知ですか?
春は“コブシ”が白い花を咲かせ、
夏は“ハナミズキ”がピンクに色づき
“くすのき”や“とちのき”も商店街の歩道に根付いています。
“ローリエヤマモト”さん、店舗前、パティオ十番の街路樹は“けやき”
夏は青々と涼しげに葉をしげらせ、
今は落葉。歩道を赤黄色く彩っています。
この他にも“いちょう”や“もみじ”“さくら”などなど・・・
山本さんのHP“麻布十番街路樹マップ”に
詳しく載っています。
是非プリントアウトして散歩のおともにどうぞ。
  麻布十番の七不思議

  色々なところに七不思議というものは
  ありますが、
  山本さんのお話によると
  麻布十番の七不思議は
  『実存する』ものが残っているそうです。
  たとえば“柳の井戸”は
  都内でも数少ない湧水として
  麻布山善福寺に残っているそうです。
  善福寺には“逆さ銀杏”という
  国の天然記念物に指定された見事な
  銀杏もあります。
  善福寺には七不思議が二つも実存するん
  ですね。
  本当に知らないことだらけです(汗)。
  
  七不思議についても
  山本さんのHPに詳しくまとめられていま
  す。
    
    

麻布十番の街を愛してやまない、山本さん。
その思いは山本さんのHP“麻布十番未知案内”をご覧いただければ
手に取るようにおわかりいただけることでしょう。
山本さん、これからも麻布十番の“未知”を私たちにたくさん発信して下さいね。



メンズショップ ローリエヤマモト
〒106-0045
東京都港区麻布十番2-9-4
TEL.03-3451-1634
麻布十番未知案内
http://jin3.jp 

次回は“紀文堂”の若奥様に
お話しを伺いました。
人気のお菓子や
あまり人に教えたくない口コミ情報などなど
お楽しみに。